看護師とネイル

看護師にはおしゃれなんてありません。 髪型や服装などすべてに置いて、清潔感と身だしなみが問われてきます。 アパレルの販売業ではありません。おしゃれを競う場所でもありませんから、そういったものとは無縁なんですね。 逆に派手な格好をしていると「あの看護師さんはなんか不安だな…」なんて患者さんに思われてしまうかもしれませんよ。

もちろん、ネイルに関しても禁止されている医療機関がほとんどです。 爪にマニキュアなどをするのは以ての外ですし、必要以上に長い爪というのは、医療の現場において安全ではないからです。 患者さんのお世話をするとき、その長い爪のせいで患者さんに怪我をさせてしまったりしたら大変なことになってしまいます。 清潔感だけでなく安全性のことも考慮して、勤務中のネイルを禁止しているというわけです。

でも、看護師だって一人の人間。ネイルしたいって思いますよね。 もちろん、休日にそうやっておしゃれをするのは全く問題ありません。だってそこはプライベートなんですから。仕事とは無縁です。 最近は可愛らしいつけ爪なんかも出てきていますし、ド派手なネイルだけがネイルってわけじゃありません。 ネイルサロンにいって爪自体を綺麗にしてもらうっていうのも一つのネイルの楽しみ方がじゃないかなって思います。 綺麗な爪をしていると、それだけで清潔感にもつながるし患者さんからの印象もアップします。

ネイル=ネイルアートって思いがちだけど、そうじゃなくて、もっとさりげないおしゃれを楽しむのもいいのかもって思います。

ネイルアートもいいんだけど…どうしても出勤の日には落とさないといけませんからね。もったいないし、お金もかかるから、私はネイルアートをしたいなら断然つけ爪を推しますね。これなら取るだけでいつもの爪に戻りますからね。

みなさん、仕事とプライベートを両立しつつおしゃれを楽しみましょう!

新卒看護師の求人特集<福岡編>

Copyright (C) 2007-2013 看護師リーダーの役割. All Rights Reserved.